婚約指輪と結婚指輪

人によってもちろん違いはありますが、結婚には大きく分けて2つの段階があります。最初の段階となるのが「婚約」です。婚約というのは法的な契約であり、この婚約が行われると相手は恋人から婚約者へと変わることになります。その証明をするためによく利用されることになるのが、「婚約指輪」です。結婚にはもう一つ「結婚指輪」という指輪も関わってくるため、少々混同されやすく、わかりにくい部分があります。ですので、こちらではこれら2つの指輪の違いについて簡単に紹介します。

婚約指輪というのは、婚約を行う際に男性から女性に対して約束の証として贈る指輪です。これに対して、女性から男性には、スーツや時計など、男性が身につけることができるものを婚約指輪の半額程度でお返しするのが一般的となっています。婚約指輪はどちらかというと華美なデザインのものが多いため、日常的に装着するのではなく、パーティのような特別な時にだけ利用するのが一般的な形式です。

これに対して結婚指輪というのは、結婚式の際に男性と女性とで交換する指輪のことを言います。結婚指輪は日常的に装着することになるタイプの指輪であるため、デザインは比較的落ち着いたものが採用されることが多い傾向があります。キリスト教式の結婚式の場合だけではなく、神前式の結婚式の場合にも指輪の交換は行われるようになっています。つづいて、「婚約指輪」について、より具体的な情報を紹介します。