婚約指輪がない場合

それでは、婚約指輪のやり取りがなかったカップルは、全てが「女性が婚約指輪を必要としていない」という例ばかりだったのでしょうか。実際には、必ずしもそうではなく、女性側としては本当は婚約指輪が欲しかったものの、男性側の意向で贈らないことになった、というパターンも当然あります。

婚約指輪を購入するか・購入しないかという決定は、2人でよく相談しておいたほうが、今後の結婚生活を円滑にすることができます。結婚生活をする上で、重要なのは、どちらかひとりが一方的に決めてしまうのではなく、両者で相談をして決めることです。

婚約指輪というと、男性が女性にプロポーズを行う際、サプライズとして購入する、というイメージが付いている方も多いのではないでしょうか。実際、そのような考え方で購入される方も少なくはありません。しかし、サプライズ的な指輪の購入については、必ずしもメリットばかりではないことについては注意する必要があります。そもそも婚約指輪はダイヤなどの宝石をあしらっているものが多く、結婚指輪に比べると高額な傾向があります。そのため、女性側が、もしプロポーズを受けたくないと思っている場合でも、指輪の値段を考えると断りにくくなってしまうこともあります。また、サイズが合わないなどの問題が起こってしまう場合もあるため、事前に相談をした方が無難ではあります。